-

「スプレッド」とは外為取引は通貨ペアを買ったり、売ったりすることによって利幅を生む取引です。猫 おもしろ 動画

取引の値段は常に上がったり下がったりします。スポーツベット おすすめ

これが為替レートです。品川駅 ホテル おすすめ

ラジオのニュースを聞いていると、通貨の為替相場のニュースが流れます。アトピーで顔がかゆい

見かけるのが、「今の為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。カイテキオリゴ 原料

それは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという訳ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを表しています。

つまり、トレードには買値と売値の2個の値段が存在します。

売値のことをBID、買値のことをASKと表示しているFX取引会社も存在しています。

普通は売値が安い価格に設定されています。

買値は高く、売値は安くなっています。

その差分をスプレッドといいFX会社の利益とされています。

スプレッドの広さはFX取引会社によって違います。

スプレッドの狭さはみなさんにとって費用になるので狭いFX業者をピックアップするほうが有利です。

ただし、同じ業者でも状況によってスプレッドは変わります。

仮定として円とドルの組合せで1銭のスプレッドの狭さであっても、レートの変化が大きいときには大きくなったりします。

そういう訳で、スプレッドの幅が狭いのと同時に、固定しているということが重要です。

最近では動かないスプレッドの狭さを示すFX取引会社も数多く存在します。

実際に取引業者の売り買い画面の上で実際の為替レートを見て確認しなければ判別できないので手間がかかりますがとても大切なことです。

貴重なお金を投じて取引をしますので、本当のトレードの前に、気になるFX会社の新規取引口座開設をどんどんして示されているスプレッド幅を点検しましょう。

同じペアでも状況によって通貨ペアのスプレッドの広さは変化します。

通常、インターバンク市場で流動性の高い通貨の組合せではスプレッド幅が狭く他の通貨ではスプレッドの差が広がる事がよくあります。

Category

リンク