-

自動車重量税、通称重量税というものは、日本の自動車あるいは輸入車というような車の生産している国やミニバン、1BOX車など車のタイプも全て同じで、ダイハツやクライスラー、などでも一般的に納付が必要な税金なんです。カード会社の審査基準

新車登録のさいまたは定期車検の場合に支払いが発生する税金です。かに本舗 評判

この額は対象となる自動車の車重毎に決められています。スナップオン出張買取

「自動車重量税」と「自動車税」は全く異なる税ですのでしっかり理解して勘違いしないようにする必要があります。ゲットくびれ 口コミ

「自動車重量税はウエートによって」「自動車税というものはクルマのリッター数で」その金額が変わります。エポスカード 作り方 申し込み

そして、引き取りする際の扱われ方異なりますから、注意しましょう。光目覚まし

自動車を売却する際には支払った自動車の税金がどれだけ残っていたとしても、その税金が返ってくることはないのですが、一方自動車税の時は、既に支払った税金を査定額に乗せてくれるということがあるものの重量税については上乗せしてくれるような事例はあまりないといえます。

重量税というのは、車を売るときに既に支払った税額が残っているからと言って自動車の買い取り店にてその事実が忖度される場合はほとんどないと思います。

ですからその次の支払いつまり次の車検まで売るのを少し待ち売却をするという手段が無駄がないでしょう。

中古車の売却時は考慮してもらえない重量税ですが、例外的なケースだと還付していただけることもあるのです。

これにあたるのは車検が残ったままの車を廃車にしてしまう際です。

要するに抹消登録をした場合残っている期間に応じた額が還付されます。

しかし、中古車の売却の時はその車が廃車されるのとは異なり還付されません。

それに、売却する自動車の名義の変更をしてしまった際や、盗まれた際も返金してもらうことは不可能です。

自動車重量税の残存期間がある愛車を手放すというのはつまり車検期間がまだある中古車です。

そういったことを買取側も計算に入れますので、自動車重量税の残存期間があればそれなりに買取金額は上がるでしょう。

当たり前ですが、査定額は業者により異なりますが、車検が残っている事実が忖度されれば手放す自動車の査定額と比べるとそんなに払い損ということもありません。

Category

リンク