-

自己破産申立てを行っても公的な機関から近親者にダイレクトに事実関係の報告などがなされるなどということはないでしょう。http://blog.livedoor.jp/tyhfres/

したがって家族には明らかにならないように自己破産手続きが不可能とは申しません。乳糖不耐症の子供・カルシウムの取り方!乳糖不耐症の子にカルシウム

ところが、実際問題として破産の手続きを申立てる時点で公的な機関などから同居している家族の収入を記載した紙面や預金通帳のコピーなどの書類資料の提供を有無をいわさず要求されるということがありますし債権保持者から家族へ連絡がいくといったこともままありますので家族に気付かれてしまい自己破産の申立てが行うことができるという100%の保証は望むべきではないと考えられるのです。ボニック

家族や親類に隠匿してそれ以後に知られてしまうよりかは嘘偽り無しに本当のことを話してご家庭の方々皆が協力し合って自己破産申立てを実行する方が無難でしょう。マユライズ 解約出来ない

その一方、別々に住んでいる家族ならば、破産の申立てを行ったのが明らかになってしまうというようなことは当面のところ不安に思う必要はないと理解して間違いありません。

夫または妻の賠償義務を失効させることを主眼として婚姻関係の解消を計画するカップルもいるようですが、それ以前に婚姻関係を結んだ夫婦であっても原則的には自らが書類上の連帯保証人という立場を請け負っていない限り法律の上では支払義務はないのです。

ただ、連帯保証人という身分であるケースならばもし別れることを行っても法的な義務に関しては残ってしまいますと認められるため法的な支払義務があると言われます。

ですから、離縁することを実行するとしても債務の法的な支払い義務が消失するなどということはあり得ません。

そして、しばしば借りた会社が債務をもつ人の家族に支払いの督促を実行してしまうことがありますが、保証人または連帯保証人という立場になっていないならば子供と親、兄弟姉妹などという類いの家族や親族間の負債であっても借りた張本人以外の家族や親類に支払義務はまずないのです。

それ以前に債権を持つ会社が支払義務のない親族の方などへ支払いの請求をするのは貸金業を規制する法律を実施する上での行政の実務規則の中で禁止されており、取立ての方法により貸金業を規制する法律の請求の規制に反することにもなり得ます。

それを真に受ければ、法的な支払義務がないにもかかわらず借りた人の近親者が支払いの督促を受けたという事実が存在するというならば債権をもつ取引先に対し支払いの督促を停止するよう警告する内容証明の郵便を出すのがよいでしょう。

往々にして破産申請者その人の事がかわいそうだからと思って借りた人以外の家族が未返済金などの債務を肩代わりして返すような話も聞きますが借りた本人恵まれた境遇に安心していつまでたっても借金を引き起こしてしまうことがないとは言えません。

よって債務者本人のことを思いやったら血も涙もないかもしれませんが借り手本人の力によって貸与されたお金を返済させるか、自力での更生が無理であれば破産申請を行わせた方が借金を持つ本人長い人生をまっとうするためには良いと思われます。

Category

リンク